青森県産南部町「南部せんべい」あつ胡麻せんべい15枚入り【青森産/青森特産品/南部煎餅/お煎餅/せんべい汁/煎餅汁/お菓子/おやつ/せんべい ギフト/せんべい・おかき・あられ/】 - ショッピング・ショップ | 通販検索

ショッピング・ショップ | 通販検索楽天市場を検索

青森県産南部町「南部せんべい」あつ胡麻せんべい15枚入り【青森産/青森特産品/南部煎餅/お煎餅/せんべい汁/煎餅汁/お菓子/おやつ/せんべい ギフト/せんべい・おかき・あられ/】

青森県産南部町「南部せんべい」あつ胡麻せんべい1...の商品画像

青森県産南部町「南部せんべい」あつ胡麻せんべい15枚入り【青森産/青森特産品/南部煎餅/お煎餅/せんべい汁/煎餅汁/お菓子/おやつ/せんべい ギフト/せんべい・おかき・あられ/】

この商品は「楽天市場」でご購入いただけます。詳しくは下のボタンよりショップサイトへどうぞ。
actacton

青森県産南部町「南部せんべい」あつ胡麻せんべい...の紹介画像1青森県産南部町「南部せんべい」あつ胡麻せんべい...の紹介画像2青森県産南部町「南部せんべい」あつ胡麻せんべい...の紹介画像3

商品の詳細情報

各種「南部せんべい」とご一緒に発送(同梱)できます。
◇南部町について 平成18年1月1日に、 南部町、名川町、福地村が合併し、「南部町(なんぶちょう)」が誕生しました。 ●南部町のシンボル 名久井岳 標高615mの名久井岳を望む南部町名川地区は、比較的温暖な気候で昼夜の寒暖の差が大きく、果樹栽培の適地となっています。そのため、さくらんぼは、全国3位の生産量誇る青森県の主要産地となっています。 ●南部せんべいとは? ◇小麦粉を原料にした煎餅です。 名前の由来については諸説あるようですが、「長慶天皇創始説」では、「南北朝時代の長慶天皇が、名久井岳の麓、長谷寺を訪れた際に、家臣がそば粉と胡麻を鉄兜で焼いてお出しした食べ物」が始まりとする説があり、南部町名川地区が起源となっているようです。 南部とは江戸時代の南部氏が統治していた地域で、岩手県北部と青森県南部地方がその領域です。青森県の南側のイメージがありますが、南部氏ゆかりの地域を意味しています。青森県の西側地域は津軽藩ゆかりであるため津軽地方となります。 南部せんべいは、昔から食べられていましたが、戦後、煎餅を焼くための鋳型が八戸市の鉄工場などから大量に供給されるようになり、普及していったようです。この鋳型を用いて焼く際に、縁からはみ出た「みみ」と呼ばれる部分が生じ、いまでは、その「みみ」も商品化され人気となっています。東北新幹線盛岡開業時には、南部せんべいが紹介され、盛岡の名物の感が強くなりました。 近年、八戸のせんべい汁がグルメで人気となり、南部せんべいといえば八戸と言われるようになってきました。 青森県南部地方で古くから食されてきたシンプルなせんべいです。 ☆白せんべいに胡麻をトッピングして焼き上げました。 南部せんべいのやさしい味に胡麻の香りがアクセントになった、シンプルですが手が止まらなくなるおいしさです。 そのまま食べるほかに、バターやマーガリンを塗ってもおいしく頂けます。 【名称】あつ胡麻せんべい 【原材料】小麦粉、胡麻、食塩、重曹 ※本品製造工場は、卵、乳、そば、落花生、えび、を含む製品を製造しております。 【原産地】青森県南部産 【内容量】15枚入り 【保管温度】常温 【保存方法】直射日光、高温多湿を避けて保存してください。 【同梱について】他南部せんべいと同梱可能(20〜25袋まで一口)各種「南部せんべい」と同梱できます。 注文が殺到しており、発送は8月よりご注文順に順次発送とさせて頂きます。
actacton
この商品は「楽天市場」でご購入いただけます。詳しくは上のボタンよりショップサイトへどうぞ。
価格 : 280 円 (税込)
青森県産南部町「南部せんべい」あつ胡麻せんべい15枚入り【青森産/青森特産品/南部煎餅/お煎餅/せんべい汁/煎餅汁/お菓子/おやつ/せんべい ギフト/せんべい・おかき・あられ/】 - ショッピング・ショップ | 通販検索のページ先頭へ